栃木県小山市サウンドスタジオKは小山市で営業中のレンタルスタジオです茨城県結城市と小山市の県境にあります。 お一人でのスタジオ練習からバンドでのスタジオ練習などにお使い下さい。

サウンドスタジオKは栃木県小山市にある、レンタルスタジオです
サウンドスタジオKお問い合わせ 電話0285-27-7620

ギター入門「各部の名前」

ギター入門「各部の名前」

ギターの部品の名前を書いていきます、各部の名前を知らないと、説明に困る場合があるので、名前を覚えていきましょう、エレキギターストラトタイプで説明していきます。

ヘッド

まずは上からヘッドです。ペグの並び方で色々な形の物が発売されてます fender_011-9600-805b_4

ペグ

弦を巻きつけて、チューニングをする物です、色々な材質や形の物があります。 ギターペグ

ナット

指板とヘッドの間にあるパーツで、開放弦の音はここが支点となります。牛骨・真鍮・プラスチックなどの材質があります、交換するときは削りだしていきます。真鍮は疲れます ギターナット

ネック

ギターネック 弦が張られた棹の部分。太さや形状、材質、塗装の仕上げによって弾き心地が変わります。ギターを選ぶときには、ネックの握り心地も大切です。

指板(フィンガーボード)とフレット

ネックの表面部分で、主にメイプル(白)やローズ(茶)の木材が使用されます。形状(指板のR)、材質、塗装の仕上げ、見た目、手触り、そして音によって好みが分かれます。 フレットは音程を決めるために指板に打ち付けられた金属で写真の縦の金属です、1フレットごとに半音階ずつ変化します。様々な太さや、高さがあります。 ギターフレット

ギターボディ

ギターの胴体部分で使用される木材によって音のトーンが変わります。メイプルトップ/マホガニーバックなど、レスポールに代表されるように、2種類以上の材を組み合わせたものもあります。 n_8

ピックアップ

ピックアップ ピックアップは、弾いた弦の振動を、コイルと磁石によって、電磁的な信号へ変換するマイクの役割を果たすものです。大きく分類して、ストラトキャスターやテレキャスターに見られるシングルコイルと、ギブソンのギターに見られるハムバッカーに分かれています。そのほか、トーンや、出力の違うモデルがあり、様々なタイプのピックアップが交換用として販売されています。

ギターボリューム・トーン

ギターボリューム 音量を調整します。音量を調節する用途のほか、歪みを調節などに使用されます。トーンは音色を変化させます。通常は10(フル)の状態で使いますが、絞ると音がこもり、マイルドなトーンになります。

ピックアップセレクタースイッチ

トーンスイッチ ピックアップの切り替えを行います。ブリッジ側ではソリッドで硬めのサウンド、ネック側ではマイルドなトーンになります。

ギターブリッジ

ギターブリッチ ボディにとりつけられており、弦を固定する部分で、弦の振動をボディに伝えます。弦高の調整を行う部分でもあり、トレモロブリッジが搭載されているモデルでは、トレモロアームを動かすことで、ビブラート効果やアーミングを行うことができます。またフロイドローズと言われるロック式の物もあります

ジャック

ギタージャック ピックアップで拾った信号を出力するためのジャックです。ここからギターアンプへシールドケーブルで接続します。 以上がギターの大体の名称です、ギターの種類などで呼び方が変わったりしますが、上記が一般的な名前だと思います。 サウンドハウス