これから始めるギター入門3

これから始めるギター入門 3回目はホロウボディです

フルアコースティックギター・セミアコースティックギターなどがありボディー内部が空洞になっている構造です、フルアコ・セミアコなどと、略してたりします、違いは、ボディーのの厚みが厚いほうが、フルアコ・薄いのが・セミアコと区別しますが、少しの構造の違いで、また名前が変わるので、この二つに分けて呼んでます。

ギブソン社のES-335・ES-175 グレッチのテネシアンなどが有名です、アーチトップギターと言われてもいます、エレキギターよりも太くてあまい音が出ます。ジャズミュージシャンが好んで使います、オクターブを鳴らすジャズの音はフルアコースティックギター・セミアコースティックギターの特徴だと思います。

ウェスモンゴメリー・ジョーパス・ラリーカールトン・リーリトナー・タック&パティー・ジョージ・ベンソン・まだ沢山いますが音源を聞くと、セミアコ・フルアコがよく使われています。

セミアコースティックギター

GIBSON ( ギブソン ) / 1963 ES-335

フルアコースティックギター

EDWARDS ( エドワーズ ) / E-FA-200MA2

最後までお読み頂きありがとうございます、SNSで記事を共有お願いします。

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上に戻る

Copyright© 2019小山市サウンドスタジオK All Rights Reserved.