ギター入門「ピックアップ」

ピックアップ

ピックアップはエレキギターに搭載されている、楽器自体や弦などの振動を、電気信号として検出する装置で。電気信号は、ボリュームやトーンコントローラーなどを経由した後、アンプやチューナーなどに送られる。部品です、エレキギター用のマイクと思ってください、とりあえずピックアップが無いと、エレキギターをギターアンプで鳴らすことが難しくなります。ディマジオ(DiMarzio)セイモアダンカン(Seymour Duncan)EMG ( イーエムジー )などのメーカがあります。パッシブ・ピックアップタイプとアクティブ・ピックアップタイプがあります。アクティブ・ピックアップは電池を使用するので、電池を入れないと、ギターの音が鳴らないので注意が必要です、またアンプによっては、アクティブ用のインプットで使用しないと、アンプを破損させる場合もあります。

シングルコイルピックアップ


その名の通り、1つのコイルを持つピックアップです。主にストラトキャスタータイプ、テレキャスタータイプなど、FENDER系のギターに 搭載されています。シングルコイルピックアップは明るく豊かな倍音を含んだシャープなサウンドが特徴。欠点は構造上、ノイズを拾いやすい点。コイルの巻き 数を増やして出力を増大させたものや、ノイズ対策のため、ハムバッカーのように2つのコイルを縦に重ねたものなど、さまざまなタイプが販売されています。

ハムバッカーピックアップ


ピックアップのコイルを2つにすることによってパワーを増すとともにノイズを打ち消す(ハムキャンセリング)ピックアップで1956年にセ ス・ラバーによって発明されました。主にレスポールタイプ、SGタイプなどGIBSON系ギターに搭載されています。この2つのコイルは直列に接続されて いるため、高域特性はシングルPUより劣りますが、中低域を強調したサウンドのピックアップです。

アクティブ・ピックアップ


磁力の弱いマグネットと巻き数の少ないコイルで弦振動を検知した後、その微弱な出力をプリアンプで増幅する、いわゆるアクティブ・ピックアップは、パッシブ・ピックアップよりも高出力でありながら、出力インピーダンスが低いという特長を持ち、外来ノイズに極めて強く、サスティンも良いと、性能が良い変わりに、高額です。

最後までお読み頂きありがとうございます、SNSで記事を共有お願いします。

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上に戻る

Copyright© 2019小山市サウンドスタジオK All Rights Reserved.