ギター入門「チューニング」

チューニング

今まではギターの名称や、アンプなどについて、少し書いてきましたが、ここからは、ついに、ギターの音を鳴らしていきます、まずは、チューニングをしましょう、音叉などで音を合わせるのは、難しいので、最初はチューニングメーターを使いましょう
まずは音叉ですが、写真の金属製の物です、使い方は、Uの字のしたの棒を持って、Uの字の部分を机などに軽く打ちつけて、振動させると(ラの音)が出ます、5弦の開放弦の音です

strings2onsa

音叉は最初本当に難しかったり、音が分からなかったりするので、チューニングでギターを挫折しては大変なので、手っ取り早くチューニングメータを使いましょう。
BOSS ( ボス ) / TU-88WH

チューニングメータは写真のような機械です、チューニングの目安の音を、表示してくれるので、誰でも簡単にチューニングが出来ますが、最初の内は、若干手間どうかもしれませんが、音叉などより、早くなれると思います、チューニングメータによっては、半音上げなどのチューニングが出来る物もあるので、好みにあったチューナーを見つけてください。

サウンドハウス

最後までお読み頂きありがとうございます、SNSで記事を共有お願いします。

フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上に戻る

Copyright© 2019小山市サウンドスタジオK All Rights Reserved.